K&P税理士法人
お気軽にご相談下さい 0120-648-250
  • ホーム
  • サービス料金一覧
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お客様紹介
  • セミナー実績
  • メディア実績
  • アクセス
  • 採用情報

クライアント様 訪問日記

2019年9月
今月は、電動機(モータ)や発電機の修理・メンテナンスを手掛けられている「大新電機株式会社」をご紹介します。

大新電機株式会社
所在地:尼崎市西長洲町2丁目1-11
https://www.daisindenki.co.jp
  • クライアント様訪問日記_2019年9月
    大新電機の工場内部
  • クライアント様訪問日記_2019年9月
    高圧(3300V、6600V)電源による モータの試験装置。尼崎市内に2つしかない
  • クライアント様訪問日記_2019年9月
    山本社長(左)と弊社担当の定本

 大新電機の創業は昭和48年。山本健現社長のお父様が起業されました。以降、半世紀近くにわたって、プラントの重要設備である電動機(モータ)や発電機の修理・メンテナンスを主業務としておられます。同社の扱うモータは、10トンもある大型のものから、手で持てるような小型のものまで様々。用途も、ポンプや送風機、ラインの駆動部分、鉄の圧延など多岐にわたります。
 高い技術力や豊富なノウハウに定評のある大新電機には、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から依頼が舞い込みます。東日本大震災の折には、津波で浸水して故障したモータを100台以上も整備され、また、鬼怒川が決壊した平成27年の豪雨や、昨年中国地方を襲った豪雨の際にも、浸水したモータの整備を行い、被災地の生産設備復旧をサポートされました。

 実は、モータの修理技術を持つ職人は、年々減少しているそうです。というのも、モータは「電気」と「機械」両分野の知識や技術を習得する必要があるため、一人前になるまでに相当な時間を要するからです。山本社長自身、修業時代は先輩職人に教わるだけでなく、国会図書館などで文献を読みあさって技術の裏付けをするなど、研鑽を重ねてこられました。そうして自分が苦労した分、同社の若い従業員には効率的に学ばせたいと、育成環境づくりにも努めておられます。

 「この仕事のやり甲斐は?」との問いに、山本社長は「ユーザー様にとても喜んでもらえること。感謝されると自分が世の中のために役立っていることを実感できます」と答えられました。そんな山本社長の夢は、業界の、とりわけ職人やモータユーザーの業務効率化に役立つ画期的な技術を発明することだそうです。一層のご発展をお祈りします!

 

代表取締役 山本 健 様からのメッセージです。
ありがとうございます!感謝です!

クライアント様訪問日記_2019年9月メッセージ

訪問日記一覧