K&P税理士法人
お気軽にご相談下さい 0120-648-250
  • ホーム
  • サービス料金一覧
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お客様紹介
  • セミナー実績
  • メディア実績
  • アクセス
  • 採用情報

融資調達

創業融資サポート

当社では、新たに会社設立される事業者様の創業時の銀行借入をサポートしております。

開業後の運転資金、事業拡大のための設備投資等のために金融機関からの融資をお考えの方が多くいますが、漠然と金融機関に借入申込書を書いて提出しても希望する金額、希望する利率での融資はありません。
借入を希望する理由、タイミング、金額について事前検討し、自社の規模、業種などから利用できる制度融資などを調べる必要があります。

ご自身で金融機関や日本政策金融公庫などに行かれる前に、まず専門家とともに融資のポイントを確認したうえで事業計画書を作成し、専門家のフォローを受けながら資金調達を進める方が、本人の希望により近い時期、金額、利率で融資が実行される可能性が高まります。

制度融資による銀行借入、日本政策金融公庫からの借入に関するご相談は予約制ですのでお問合せください。

 

サービスの流れ

1.まずはご相談 借入申込書、創業計画書等をお持ちください!
2.弊社から融資戦略をご提案  ここまでは無料です!
3.融資申し込み資料の作成 弊社でヒアリングした内容を書面にまとめます!
4.金融機関の開拓 弊社で直接金融機関にコンタクトを取ります!
5.金融機関との面談及び契約 社長様でご対応をお願いします!

 

融資実績 事例① 尼崎市 健康グッズ商品開発

クライアント様の状況

創業のため融資希望

実績

希望融資額:500万円 → 実績300万円

事業立ち上げ運転資金として500万円の融資を希望していたが、
創業計画書の作成支援に携わったところ500万円も必要ではなかったため、300万円に減額し、満額融資を受けることができました。

ポイント

金融機関は、創業融資の場合は事業実績が無いので、代わりに「自己資金」と「経歴」を見ます。
自己資金と経歴を十分説明できないため融資を受けれないケースを散見します。

次に、事業計画を見て融資条件を判断されるのですが、創業融資の事業計画で特に重要なのは「実現性」です。

 

融資実績 事例② 尼崎市 作業服店

クライアント様の状況

新規出店のための融資希望

実績

希望融資額:500万円 → 実績400万円

新規出店の運転資金として500万円の融資を希望していたが、
創業計画書の作成支援に携わったところ500万円も必要ではなかったため、400万円に減額し、満額融資を受けることができました。

ポイント

相談者様が作成した創業計画書を元に、市内の市場調査を行い(商圏分析、強み弱みの明確化など)、それを資料としてまとめたところ、金融機関から評価をいただき、融資獲得につながりました。

計画書だけでなく、計画書の根拠となる添付資料を作成し説明することで「実現性」が高まります。

 

融資実績 事例③ 伊丹市 デザイン事務所

クライアント様の状況

法人成りに伴う融資希望

実績

希望融資額:300万円 → 実績300万円

業務拡大のため法人成りされ、
運転資金の新規調達に300万円を希望され、ご希望額の300万円を獲得しました。

ポイント

金融機関は、はじめに、これまでの実績を見ます。
過去の実績として、①資本が正②簡易キャッシュフローがプラス③債務償還年数の3つを見ます。

これらの条件が一定以上であれば土俵に乗り、土俵に乗った案件について計画書を見ることになるので、まずは過去の実績の説明が重要になります。

 

融資実績 事例④ 西宮市 食品加工業

クライアント様の状況

事業拡大のために融資希望

実績

希望融資額:300万円 → 実績300万円

決算書を確認したところ、実質債務超過に陥っていたが、キャッシュフローがあり債務償還年数も短かったため、調達の可能性ありと判断しました。
新規プロパー融資ではなく政府系金融機関に絞って交渉を進めたところ、満額融資を獲得いたしました。

ポイント

債務超過でもキャッシュフロー(返済能力)があれば、政府系金融機関(日本政策金融公庫、信用保証協会等)からの資金調達は可能です。

金融機関が決算書を見るポイントは3つで、①返済能力(キャッシュフロー)②財務内容(債務超過の有無)③借入状況(債務償還年数)です。これはメガバンクでも地方銀行でも、どの金融機関でも同じです。

 

融資実績 事例⑤ 尼崎市 印刷デザイン及び広告デザイン業

クライアント様の状況

資金繰り悪化によるリスケ希望

実績

「借換え」により毎月の返済負担を200千円軽減し「リスケ」を回避
前期の決算は赤字であるのに借入金の返済額が大きく、収益力と返済額のバランスがとれていませんでした。

しかし、直近の試算表を作成し財務分析を行ったところ、固定費の削減等により当期はキャッシュフローが見込まれました。
懇意にしている信用金庫に相談したところ、「借換え」に応じていただき、新規融資の調達と、返済期間の延長・返済額の軽減による、資金繰り改善を実現することができました。

ポイント

リスケはいつでもできます。

前期決算が赤字でも、返済の滞納が無く、足元の試算表が良ければ「借換え」は可能です。
日本政策金融公庫は新たな借入で既存の借入を返済できますが、保証協会付きの借入は金融機関を変更する必要があるため、まずは「借換え」に応じてくれる金融機関を見つける必要があります。

当社では、金融機関の目線に立って、事業計画書や会社の業績を見ることができます。
金融機関の選定をはじめ事業計画書の作成など、融資獲得の可能性を最大限高める交渉を金融機関に対して行います。

 

サービス料金

役務提供に対する対価として、完全成功報酬にて調達金額の2~3%を目安にお見積もりさせて頂きます。
※(最低料金は10万円です。)

 

資金繰り対策サポート

中小企業に特化した財務戦略および金融機関対応の訓練を受けた専門家が、お客様の財務部長として、中期的な資金繰り管理と金融機関対応(資金調達)を主体的に行います。

サービスの流れ

期首:経営分析・経営課題の抽出・今期資金繰り目標設定
毎月:資金繰り状況の管理
定期:定例資金繰り管理会議
随時:融資申込資料の作成・金融機関の開拓・金融機関への説明

 

導入の効果

1. 脱どんぶり勘定!

資金繰りシミュレーションにより正確な経営判断ができるようになります。例えば、「販売価格の値上げ(値下げ)」「人員の雇用」「設備投資」等の経営判断が資金繰りに与える影響を、数値で把握できるようになります。

2. 手間いらず!

金融機関向けの資料を作成する手間が省けます。

3. 任せて安心!

金融機関の考え方を熟知した専門家が金融機関対応を行います。

4. 資金調達力向上!

経営品質の向上により金融機関からの信頼度が上がります。

 

サービス料金

*資金繰り管理会議の開催頻度で料金が変わります。
【6ヵ月毎】 月額35,000円
【3ヵ月毎】 月額40,000円
【毎月】    月額50,000円