経営計画のことなら、兵庫県の香川会計事務所にご相談を!

初心者にも簡単にできる経営計画!

 ■サイト管理者
 香川会計事務所
 公認会計士・税理士
 香川 晋平
 

経営計画って必要ですか?

よく聞かれる質問です。
そもそも経営計画とは、経営者が考えている自社の将来像を明確にし、それに向っていくための指針となるものです。
これが「必要かどうか?」と聞かれたら、「必要です!」としか言えないと思います。しかし、現実的には経営計画を作成している会社は、少数派ではないでしょうか?

その理由としては、

・将来なんてわからない
・どうせ計画通りに行くわけがない
・わざわざ作成するのが面倒臭い
・作成しようと思っても経営用語が難しい

など、いろいろな要因が考えられます。

また、経営計画に関する書籍や作成をサポートする
会社がたくさん存在する中で、情報が多すぎて、

・どの書籍を読めば良いのか?
・どこにサポートを頼めばよいのか?

が判断がつかないといったことも考えられます。

私は「経営計画」というテーマが大好きで、これまでいろいろな経営計画に携わってきました。

・監査法人にいた頃には、たくさんの上場会社の経営計画を見ました。
・会計面での計画だけでなく、経営戦略を学びたいと思い、 グロービスマネジメントスクール にも通いました。
・自ら経営計画を作成するために、監査法人を飛び出し、事業会社の CFOになりました。
・ベンチャーキャピタルに出資を依頼するために、ベンチャー企業 の経営計画の作成サポートを数多くしてきました。
・桃山学院大学で、起業を目指す学生のための 「ベンチャービジネスプラン作成講座」で講師をしてきました。
・経営計画に関する書籍や教材は、これだけ学んできました。

私が読んだ書籍や教材の一部です

上記のような経験を通じて、「経営計画」について自分なりに確信を持ったことがあります。
それは、

それぞれの会社の状況によって必要となる経営計画は異なる!
経営者自らが作った経営計画ではなければ、全く意味がない!
行動計画がない経営計画は、経営計画ではない!

ということです。

私どもでは、パッケージ化された経営計画の作成をサポートするのではなく、その会社の状況に応じて、必要な経営計画をともに考え、会社全体でどのような行動をとるべきか?を導くサポートをさせていただきます。

 

経営計画サポートの流れ

中期経営計画立案

経営者にとって最も重要な仕事、それは自社の将来像を明確にすることにあります。
そのためには、経営者自らが自社の強みと課題を整理した上で、経営理念・経営目標を踏まえ、今後どの分野で勝負するのかを定めて、3〜5年後の行動計画と数値計画を決定する必要があります。
私どもでは、計画立案に当たり役立つフレームワークを活用し、経営者と一緒に考えて、計画立案のサポートをさせていただきます。
 

単年度計画立案

次に今年1年間の計画を立案します。社長主体の「トップダウン方式」又は現場参加型の「ボトムアップ方式」により、数値目標とそれを達成するための行動計画を具体的にする必要があります。
私どもでは、

という順で利益計画を作成し、これに

等のシミュレーションを行って、資金計画を作成します。
この利益計画・資金計画と言った数値計画を達成するために「何をするか?」という行動計画まで、経営者と一緒に考えて、サポートさせていただきます。

予算実績管理

計画と実績のズレをタイムリーに把握します。これにより、ズレの原因に対して常に先手を打つことが可能となります。
私どもでは、会社の状況に応じて月次決算or四半期決算を行い、直近の実績を確認するとともに、今後どう手を打つべきかを、経営者と一緒に考えていきます。

報酬体系

月額 105,000円(税込)〜 
*会社の状況に応じて、訪問頻度も変わりますので、
  初回面談(無料)後、お見積もりさせていただきます。
 

無料ダウンロード

「3年〜5年先まで考えるのも面倒だなー」という方もいらっしゃるでしょう。
そんな方でも、今年1年間の利益計画くらいは考えている方は多いのではないでしょうか?
しかし、この利益計画と資金計画との整合性を手計算でするとなると、なかなか大変な作業です。
1つの数値を変更すると関連項目を全て変更しなければならないので、結局、途中で投げ出してしまうという方も多くいます。
そこで、ご用意したのが「利益計画・資金計画シミュレーション」
特別な簿記の知識や会計の知識は一切必要ありません。
エクセルの基本的な操作さえご存知であれば、どなたでも簡単に使いこなすことができます。
利益計画・資金計画シミュレーションシート
ダウンロードページへ